.

GUIDE

-業者選びの4つのポイント-

外構や造園工事などは一般の人にとって、あまり馴染みのないものです。

だからこそ初めて外構工事を依頼する時に基準となるものが知りたい!という声が多いのも事実。
そこでここでは「外構を初めて頼む人が知りたい!外構業者選びの4個のポイント」と題して、良い外構業者を選ぶためのポイントをお伝えしています。

外構業者選びに悩んだときには、ぜひ参考にしてください。


安さを過剰に
アピールしていないか。

外構工事は、決して安い買い物ではありません。

もしも全く同じ材料・同じ技術だとすれば安い方が良いですが、外構工事に関しては「安いものには安い理由がある」と考えた方が良いでしょう。必要な材料費や人件費は、ほぼ価格が決まっているもの。コストを削減すると同時に、工事の質を削減されてしまっては元も子もありません。

また、安さを一番にPRしている会社は、技術やデザイン力、提案力で勝負できないという考え方もできます。料金以外の部分にしっかりと目を向けることが、良い外構業者選びの第一歩です。



総額見積もりではなく
詳細が記載されているか?

外構工事は、目に見えない部分が多いもの。

例えば、車を乗せるために打つコンクリートの適正な厚みは10cmですが、実際にお客様が測ることはできません。しかし、何社か見積もりをとり、明らかに安い業者は要注意です。10cm必要な厚みを8cmにして、コストを削っている可能性もあります。たった2cmと感じる方もいるかもしれませんが、その違いは年月が経ったときに現れるもの。

専門用語が多く、外から見えない外構工事だからこそ、総額見積もりを出してお客様からの質問を防ぐ業者ではなく、きちんと詳細を記載している業者を選びましょう。



納得いくまで打ち合わせに
時間をかけてくれるか?

外構業者側からすれば年間何軒も行う工事のひとつかもしれませんが、お客様からすれば、人生に1回または2回という一大イベント。

専門用語を噛み砕いて説明してくれることはもちろん、納得いくまで話をしてくれる業者を選びましょう。特に「早く決めないと」「今、キャンペーン中なのでお得ですよ」という風に、契約を急かす業者は避けた方が良いでしょう。

契約を焦らせるのは、技術に自信がない証。施工技術があることはもちろんですがデザインや内容はお客様の納得が何より大切だとI.marketでは考えています。



お客様が望む優先順位を
大切にしてくれる。

基本的にどの外構業者も、予算内に収めるための提案を行います。

しかし、予算オーバーとなった場合、大切なことはお客様の優先順位を大切に考えてくれるかどうか。例えば業者目線で言えば、カーポートは後からの工事が可能なため、後回しにして予算を抑えるという提案をすることがあります。

お客様が納得すれば問題ありませんが、もしお客様がカーポートは必ず欲しいというのであれば、その要望を取り入れ、なおかつ予算内に収める必要が出てきます。

外構業者側の都合ではなく、お客様目線に立った提案を行ってくれる業者を選びましょう。