.

Design

-あなたの「ワガママ」に答えます。-

お客様と一から作り上げます。

本当の要望を聞き出すことから始まります。


当社で最初に記入をお願いするヒアリングシートでは、予算や家族構成、外構工事の希望時期などごくシンプルな内容です。
それは、何よりお客様が希望するデザインの実現には、実際に話をすることが第一だと考えているため。

形式的なものやマニュアルに乗っとった話では、お客様の本当の要望は聞き出せません。

もちろん「カーポートが欲しい」というような希望は知ることができますが、デザインはまた別の話。車のようにカタログがあるわけではなく、一からつくりあげるジャンルです。

イメージを膨らませる作業を惜しみません。

家に合う外構のイメージを図面へ


外構は家があってのもの。

特に新築の場合は、お客様がある程度要望を伝え家を建てているはずです。その家の特長自体が、外構を考える上でひとつのベースと考えます。

例えば、窓枠が白色だから柔らかい雰囲気が好きなのだろうかという風に。そして要望を取り入れた上で、1回目の図面作成を。そしてその図面を元に、何回も打ち合わせを行います。まずは原型、そして掘り下げるという進め方。100分の1スケールに図面を起こしたり、3Dパースを使ったり。いかにお客様と当社がイメージを共有できるか、様々な方法を用いています。

お客様のイメージを形に。

プロの視点でイメージを形にします


しかしお客様にとっては、外構はなかなか馴染みのないジャンルのひとつ。何ができるのか、何を使えばこうなるのかよくわからないという方も多いです。

当社では基本的にざっくばらんに好きなように喋ってもらうのが一番良いと考えています。そもそも外構デザインは、単独で考えるものではありません。

家とかけ離れたデザインは、全体のバランスが崩れてしまうもの。新築・リフォーム共に当社では、お客様が抱くデザインを取り入れながら、プロの目線で家と調和し、家を引き立てるデザインの提案を行っています。