.

Message

-I.marketの代表者が考える想い-

外構は人生において、何度でも行うものではありません。

それだけに私は一軒一軒、一人ひとりとの出会いを大切に向き合っていきたい。

依頼者様も職人も、そしてI.marketも「良い外構が出来た!」「良い仕事をしてもらった!」と思えるように。

そんな想いを持つI.market。
この会社が出来た経緯とこれからを少し語ってみます。

独立のきっかけ


I.marketを設立する前、元々勤めていた会社も、外構業者でした。

そこで働いていたことは本当に勉強になりました。

ただ、その中で一件ずつのお客様ともっと深くお付き合いしてやってみたいという想いが芽生えてきました。

その方法を取りたい!と思ったとき、手段として選んだのがこの会社設立という手段だったのです。

そういう意味では私なりのワガママが芽生えたからこその、このI.marketは出来たのかもしれません。(笑)

I.marketに込めた想いと意味。


「とことんまでお客さまと付き合いたい」という想いがあり、設立したI.market。

お客様さえよければ、他の誰に気兼ねすることなく、時間も関係なく、お客さまが描くイメージを形にするお手伝いがしたいと考えています。


よく会社の意味を聞かれるのですが、これは同じ想いを持ち、同じ職場で働いていた相棒と私の苗字の「I」。更に市場(しじょう)という意味の「market」を組み合わせとなります。

Iがあって、お客様、職人を結びたい。ただ機械的に数をこなすのではなく、一軒一軒と大事に向き合いたい。

そうなった時には、やはりそこまでの安売りはできませんが安さを売りにするのではなく、信頼や技術、デザイン力を元にお客さまとの関係を築きたいと考えています。

外構の相談がしたい。
そんな時に気軽にいける会社でありたい。

人が家を建てるのは、おそらく一生に1回、多くても2回。

私はその家を引き立てるものが外構であり、外構デザインだと考えています。

そして、家を建てることは、家族の新しいスタートです。特に、子どもができたことをきっかけに家を建てる方は多いもの。打ち合わせにも気兼ねなく子どもを連れてきてもらえるように、事務所の1階、2階、屋上にそれぞれキッズスペースをつくりました。キッチンを決める時に主導権を持つのは大体女性ですが、外構も同じです。


だからこそ、当社事務所ではキッズスペースを作り気軽に相談にいける雰囲気の会社となっています。

「業者の人って怖いイメージがある。」よりも「I.marketなら相談しやすい」と思って頂けるように。

これからも滋賀県のこの地で切磋琢磨していきますので、ぜひ気軽にご相談ください。


I.market 代表取締役
糸岡賢作